みる世界

すっかり春の陽氣となりました。




花々が咲き、鳥たちの鳴き声が響く、



にぎやかで愉しい時期です。







日々掃除をしていると、




つくえの裏に落ちたえんぴつや消しゴム、




ゆかの隅に落ちている輪ゴムなどが、




目につきます。






なんでだれも片付けないんだー!!





と思っていたのですが、





その場を何度も素通りしている我が子達を見て、






私しか、それをみてない





と氣がつきます。





当たり前ではありますが、




私がみるのは、




私の視点でみている独自の世界。




他の誰とも同じではない特別な世界です。






今みる(意識する)ものはこれかぁ。





と愉しんで、文句も言いながら片付けです。