突然あらわれる

秋の澄んだ空氣が、晴れ、雨、曇りに関わらず心地よく感じます。




今日はしとしと静かに雨が降っています。




歩いていて、ふと目に映ったクモの巣。




雨粒が、張りめぐらされた糸に散らばって、




きらきらひかる美しいレースになり、




思わず足を留めて魅入ってしまいます。




晴れの日には探さなければ目に見えず、




引っかかると厄介な印象ですが、




雨の日のクモの巣は出会えたら嬉しくなります。





クモも、雨も、



あの美しいレースを創ろうとして創ったわけではありません。




それぞれの存在の「当たり前」が、



思わぬ創造につながって、




そして、それは心動くほど美しい景観です。